越前がにと松葉ガニの違い

越前がにと松葉ガニって何が違うの?

越前ガニとは

越前ガニとは福井県で水揚げされた雄のズワイガニのことを指します。目印は黄色いタグで福井県が導入した食のブランドの証でもあります。食べごろの旬は11月中旬から3月上旬までとなっております。
【漁期、漁場】越前ガニの漁期は11月6日から翌3月20日まででこれは資源保護といった面で漁期が定められています。漁場は福井県にある越前岬の沖合西20~30海里です。
【豆知識】実はこの越前ガニは深い歴史を持っており、遡ると安土桃山時代まで遡ります。その時初めて収穫され明治時代には天皇へ献上されるようになりました。カニの中でも身入りと味の良いことからゆでて食べるのが一番美味しいとされており冬の時期は鍋にすると絶品です。

 

松葉ガニとは

冬の鳥取県を代表する名産品です。毎年冬になると国内からはもちろん、海外からも松葉ガニを食べに観光客が鳥取県にやって来ます。
茹でガニや焼きガニ、雑炊などにして食べるのが一般的ですが、天ぷらにしてソースをつけて食べる人も少なくありません。
11月上旬から3月の荒波の日本海で松葉ガニの漁は行われます。鳥取産を証明するタグが付いている松葉ガニは高級品とされており、値段は高めですが安心の証ですのでこのタグ付きの松葉ガニしか買わないという人もいます。
11~3月が松葉ガニを最も美味しく頂ける旬の時期ですので、この時期を逃さないようにしましょう。
松葉ガニは主に鳥取や島根などの山陰沖で獲れます。九州方面からの暖流と北海道方面からの寒流が交じり合って松葉ガニのエサとなるプランクトンが豊富な漁場となっているのです。