お歳暮の時期っていつ?喪中の時・ 礼状・お返しのルールとは

お歳暮の時期と贈る相手

お歳暮の時期は12月上旬から12月20日頃だとされています。しかし鮭や昆布巻きといったお正月の物を贈るときは年末ギリギリでも構いません。
お世話になった人に感謝の気持ちと、これからもよろしくという意味を込めて贈ります。昔はお世話になった人に贈るのが一般的だったようですが、最近は親しい友人や親族へのギフトとしてお歳暮を贈る人も多くなってきました。他にも仲人さん、子供のお稽古ごとの先生などにも贈ることがあります。ただし学校の先生に贈るのは御法度です。最近は会社として上司に贈るのを禁止しているところもあるので確認をしましょう。

 

のしの書き方

手渡しの場合は外のし、宅配便などで送るときは内のしにしましょう。上段に「お歳暮」下の段に自分の名字またはフルネームを記載します。水引きは紅白の蝶結びのものを使用します。
宅配便で送る際は送り状を郵送しましょう。一緒に同封するか品物が届くよりも前に送り状が届くようにします。

 

お歳暮の選び方

お歳暮の予算は一般的に3000円から5000円くらいとされていますが、特に決まっている訳ではありません。品物よりも感謝の気持ちを込めることが大切です。
相手がどんなものが好きか、家族構成なども考えて選びましょう。最近は健康のことを考えたものを選ぶ人も増えています。また高価なものを贈ると恐縮されてしまうので、そのへんも踏まえて選びましょう。

 

おすすめのお歳暮ギフト

家族構成に合わせる

お子さんがいるご家庭には大人も子供も楽しめる焼き菓子などがおすすめです。ご高齢の方がいるご家庭には和菓子などが良いですね。お酒好きなご家族にはお酒やお酒に合うような物が良いでしょう。
家族の人数も大切です。大家族のご家庭にはしっかり数が足りる物にしましょう。

 

旬のものを取り入れる

お歳暮の時期はカニや牡蠣、鍋が美味しい季節ですよね。おせちに使うような食材もおすすめです。
食べ物が難しければ入浴剤のギフトなんかも良いのではないでしょうか。

ご当地のもの

遠方の方には、ご自身が住んでいる地域の特産品を贈るのも喜ばれます。

相手のことがよく分からないときは

相手の情報がよく分からないときは、保存のきく調味料やお茶、海苔といった無難なものが良いでしょう。相手が自由に好きなものを買える商品券を贈る人も多いです。

喪中のときは?

喪中のときでもお歳暮を送って構いません。しかし注意したいのは送る時期です。初七日が終わっていないときや、法要の日、年始のおめでたい時期(1月1日~1月7日まで)に持参するのは避けましょう。

 

お歳暮をもらったときのお礼状やお返しについて

お歳暮はお世話になった人へのお礼であり、お祝いではありません。ですのでお返しは不要です。
しかしお礼をすることは大切です。電話で済ます人も多いのですが、しっかりはがきなどを用いて丁寧にお礼をすると良いですね。
品物の感謝と心遣いの感謝を込めてしたためましょう。